MENU

毛穴を閉じさせる方法

毛穴は、年齢の影響もありますし、一旦開いた毛穴を完全に閉じるのはかなり難しいのです。

 

でも諦める必要はありませんよ。

 

正しいケアを、毎日継続していくことで、少しずつですが目立たないようにできます。

 

 

基本は正しい洗顔です。

○洗顔料(弱アルカリ性)をしっかりメレンゲのように泡立てる。
○泡を顔に乗せて軽く押す感じで洗顔(決して擦らない)するだけで泡の力で汚れを落とします。
○しっかりとすすぎます(すすぎ過ぎと思うくらい)。
○タオルを押し当てるように水分を吸い取らせる(こすらない)。

 

 

次は水分の補給です。
○化粧水(弱酸性)をぽたぽた落ちるくらいたっぷりつけます。

 

 

次は保湿です。
○保湿効果のある化粧品で、化粧水で補った水分が外に出て行かないように、しっかり保湿。
添加物や脂が配合されている商品は避けましょう。

 

この対策には、時間がかかります。
じれったくなるかもしれませんが、お肌の健康が一番のケアです。
お肌の健康を助けてあげるつもり、地道に続けてみてください。

氷パックで引き締め

毛穴に効果のある引き締め方法に、氷パックがあります。

 

このパックは、顔に直接氷を乗せて冷やす方法で、毛穴引き締めに抜群の効果があり、人気なんです。

 

以下、実際にやってみた人の口コミを紹介します。

 

◇口コミ1

 

洗顔した後に、冷たい水を洗面器に入れ、そこに氷を3,4個入れます。
水を十分冷たくしてから、10〜20回顔をすすぐように洗います。

 

ただ冷たい水ではダメで、水温が0℃以下でないと毛穴を閉じさせる効果は期待できません。

 

ニキビができそうな部分は、2回か3回直接氷を当てるようにします。
洗顔料による洗顔は、夜だけの1回のみにします。

 

氷パックは朝だけです。
氷パック後1時間は化粧をしないでください。

 

化粧をする場合は、化粧水などをつけず、ファンデーションを直接つけるようにしてください。

 

かさつきがどうしても気になる部分は、そこだけ化粧水をつけてもいいです。
1時間の時間を空けるのは、皮膚の力自体で皮脂を外に出させるためです。

 

洗顔してからすぐに化粧水をつけてしまうと、皮膚の皮脂を外に出す力が弱くなってしまうのです。

 

夜は氷パックをするなら、何もつけないで寝てください。

 

氷パックを行うことで、毛穴は引き締まりますし、末梢神経が刺激されて肌は元気に、皮脂分泌は活発になります。

 

多くの芸能人が、この氷パックを採用しています。
それに芸能人は、撮影前の大事な時にニキビができると同じように氷で処理をします。

 

専用器具で芯を取り去り、その後氷を当てて毛穴を閉じるようにするんです。
ただし、プロの人が行いますから、素人は下手なことをしないほうがいいかも。


 

◇口コミ2

 

確か木の実ナナとピンクレディーのケイが、テレビで氷パックのことを言ってました。

 

それと、奥村チエも。

 

奥村チエの場合は、タオルを冷たくして顔にあてるそうだけど。


 

◇口コミ3

 

ニキビをつぶしてしまった場合、絶対冷やしてはいけません!
日経ヘルスで紹介されてました。

 

潰れたときには、逆に熱いお湯(43度くらい)で洗顔した方がいいんです。

 

そうすると、血管が広がり潰れたニキビの穴が塞がり、痕が残りにくくなるそうです。


 

◇口コミ4

 

私も氷パックで氷をクルクルしてます。
お風呂上りに、冬は1個、夏は3個。

 

調子に乗ってるとお肌が弱いと逆にトラブルになるから気をつけてます。

 

初めての人も気をつけてね。






うちの奥さんの鼻の改善1週間の模様です。



>>鼻の毛穴を閉じる経緯説明はこちら<<