MENU

毛穴の開きを治す

個人的にですが、毛穴の開きを直そうと思ったら角質培養をお勧めします。

 

またか、って思う人もたくさんいると思いますが、実は一番の近道の方法なんです。

 

一言で角質培養と言っても、洗顔と保湿は必要になります。

 

ポイントは

・こすらない
・皮脂の取りすぎはしない
・保湿はしっかり
・角栓はとらない・さわらない

が基本です。

 

これをすると、最初は白い角栓が恥ずかしいほど溜まります。

 

でもそれを我慢して続けていると、洗顔で白い角栓がぽろっと取れてくるようになり、毛穴が閉まってきます。

 

全ての人が同じようになります。

 

 

この角質培養を続けることで、毛穴が引き締まった人は本当に沢山いるのです。

 

角質培養中は洗顔でも少々気をつけたいことがあります。

 

それはぬるま湯のみで洗顔をしないようにすることです。

 

その理由は、毛穴が開いて角栓が詰まっているんですが、ぬるま湯だといつまでも取れないのです。

 

自分自身もぬるま湯洗顔を続けていましたが、全然角栓はなくなりませんでした。

 

それと洗顔とクレンジングは、界面活性剤入りは避けましょう。

 

無添加の洗顔石鹸とか洗顔フォームが界面活性剤フリーとは限りませんから、よく確認しましょう。

 

角質培養をすると早ければ10〜15日程度で、ターンオーバーが改善されて効果が出始めます。

 

 

続けていけな、半年〜1年で、毛穴の開きは気にならなくなってくるはずです。

 

その期間の間は、

・食べ過ぎ、脂肪分の多い食事、夜更かしはしない
・10時から2時は睡眠時間とする

を頑張ってみてください。

 

とにかく、この期間さえ乗り越えられれば大きく前進です。

 

今まで全然変わらなかったものが、目に見えて変わってきます。

 

肌質が変わってくるため、皮脂が出にくい肌になってくるのです。

 

これと反対のことを起こすのがピーリングです。

 

 ピーリングは角質をはがすので、一時的にきれいになった気はしますがかえって肌が乾燥気味になり、肌が弱ります。

 

角質は、肌を守る効果があるのに、その角質を取り去る意味を考えてみてください。





うちの奥さんの鼻の改善1週間の模様です。



>>鼻の毛穴を閉じる経緯説明はこちら<<