MENU

鼻の毛穴の黒ずみのスキンケア

鼻の黒ずみをなんとかするには、パックや洗顔が有効ですが、問題なのはその後のスキンケア。

 

鼻の周りは他に比較して皮脂が多いため、パックやクレンジングの効果が強く出ることが多いのです。

 

それによって余分な皮脂や角栓ならいいのですが、必要な油分が取れたり、皮膚を傷めたりしてしまいかねません。

 

 

必要な油分がなくなると、皮膚が乾燥して、シワや毛穴が開く原因になります。

 

皮脂が多い鼻の周りだって同じです。

 

皮脂の多い男性も同様で、油分のとりすぎは男性でも肌トラブルになってしまいます。

 

必要なのは、少量の油分とたっぷりの水分。

 

パックや洗顔で鼻の毛穴をすっきりさせたら、化粧水でたっぷりと水分を補給してください。

 

頬や額、鼻の頭、小鼻も丁寧に化粧水をつけましょう。

 

この時は、多めに化粧水をつけ、手で軽くパッティングするようにして浸透させてください。

 

小鼻は指を使うとパッティングしやすいです。

 

パッティングしたら、その後は温かい手で顔を包み込むようにします。

 

温かさで毛穴がゆるんで浸透しやすくなります。

 

普通は1回ですが、肌が乾燥していると思ったら、繰り返し何度もするといいでしょう。

 

水分が浸透したら、次は保湿クリームか、油分の入った化粧品をつけて水分が外に出ないようにカバーして、肌の水分を維持します。

 

鼻と頭と小鼻も忘れずに行ってください。

 

身体は、水分や油分が不足した場所へ補おうとする働きがあります。

 

鼻が脂っぽいと感じるなら感じるほど、しっかりと鼻のスキンケアをするようにしてください。





うちの奥さんの鼻の改善1週間の模様です。



>>鼻の毛穴を閉じる経緯説明はこちら<<