MENU

正しい洗顔方法とは

スキンケアの基本となる洗顔、しっかりと毛穴の汚れや古い角質が取れていないと、せっかくの化粧水や乳液も肌にしっかりと浸透していきません。

 

洗顔料は固形石鹸だけでなくフォームタイプ・泡タイプ・ジェルタイプ・酵素・クレイなど様々あります。

 

沢山ある中、どのような洗顔料なのか?どれが自分に合った洗顔料なのか?説明します。

 

〇固形石鹸

 


洗浄力が高く、毛穴詰まりの原因や皮脂汚れをしっかりと落としてくれるので、毛穴の黒ずみが気にならなくなる効果もあります。
また、毛穴の開きも防いでくれます。
しかし、洗浄力が高いので、長時間洗顔すると皮脂を落としすぎてしまい乾燥の原因になる可能性があります。

 

【洗顔方法】水分と空気をしっかりと含ませてきめ細かな泡をつくり、優しく洗いぬるま湯で20〜30回しっかりと洗い流します。

 

 

〇フォームタイプ


ドラックストアやスーパーなどに行けば、様々なフォームタイプから選ぶことが出来る手軽さがあります。
必要な量だけ出せばいいので使いやすく、泡立ちが良いのも特徴です。
しかし、添加物が多く含まれていることもあります。乾燥肌やニキビ肌で悩んでいる方には刺激が強く感じることもあるようです。
洗いすぎてしまうと乾燥をまねいてしまう恐れもあります。

 

【洗顔方法】水分と空気をしっかりと含ませてきめ細かな泡をつくり、優しく洗いぬるま湯で20〜30回しっかりと洗い流します。

 

 

〇泡ポンプタイプ

 


ポンプを押すだけで最初からきめ細かい泡が出てくるので、泡立てが苦手な人でもきめ細かな泡で洗顔でき、時間の短縮にもなります。
しかし、固形やフォームタイプよりも泡立てるために水が多く含まれているので成分が薄いです。
また、容器代などでコストも高くなっています。

 

【洗顔方法】ポンプから適量押し出し、優しく洗いぬるま湯で20〜30回洗い流します。

 

 

〇ジェルタイプ

 


フォームタイプで気になりがちなベタつきがなく、清涼感のある使い心地です。
水分が多く含まれているので、洗浄力には欠けます。
皮脂が多く毛穴に汚れが詰まっているのが気になる人や、脂性肌の人にはあまり効果がありません。乾燥肌や敏感肌の方向けかもしれません。

 

【洗顔方法】泡立てずにそのままジェルを顔全体に伸ばし軽くマッサージするように汚れになじませ、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

 

 

〇酵素

 


毛穴の黒ずみをしっかりと取ってくれます。
古い角質や皮脂を分解し、新しく角質を作る働きを促す効果もあります。
酵素洗顔は週1〜2回程度で十分です。毎日行ってしまうと、まだ新しい角質まで取ってしまい、過度な刺激により皮脂を多く分泌してしまったり乾燥肌になることもあります。
肌荒れのある状態やニキビがある方、敏感肌の方はあまり使用することはお勧めしません

 

【洗顔方法】ぬるま湯ですすぎ洗いをし、しっかりと泡立て優しくTゾーンから洗い、泡を残さないようにぬるま湯で洗い流します。

 

 

〇クレイ洗顔

 


ミネラル分を多く含んだ砂状粘土の天然成分の泥を使った洗顔方法です。
毛穴の汚れをスッキリ落としてくれて、肌の皮脂を抑えます。くすみを改善し肌のトーンを1つ明るくもしてくれます。
パックとして使用する時は週に1〜2回の特別なケアに使い、使用時間をしっかりと守り、けして擦ることのないよう気を付けてください。
乾燥肌や敏感肌の方は毛穴の詰まりが気になっても、肌に負担が掛かりすぎてしまうのが心配でしっかりとケアするのが難しいですが、天然の泥でできたクレイ洗顔なら他の化学成分が入っている物よりも肌に優しく、使用時間を短くし油分や水分の吸収を減らして使用することもできます。心配な時はパッチテストをすると安心です。

 

クレイ(泥)には種類があり、それぞれ特徴や効果に差があります。

  • カオリン
  • :白土で皮脂や水分を吸収する働きをもっており、血行を促進し、くすんだ肌の色を改善してくれます。
  • ホワイトクレイ
  • :主成分はカオリンです。ミネラルを多く含み肌への刺激が少ないので、敏感肌の方も使えます。
  • レッドクレイ
  • :レンガのような色をした鉄分・油分を多く含み、開いた毛穴を引き締めます。
  • グリーン・モンモリロナイト
  • :デトックス効果と汚れの吸着力が高く、ニキビや肌トラブルにも良く、敏感肌でも使いやすいです。
  • ガスール
  • :洗浄力と保湿力がともに高く、ペースト状にすると石鹸やシャンプーなど様々な用途で使われます。
  • ローズクレイ
  • :通常のクレイよりもミネラルを多く含んだクレイで、敏感肌や乾燥肌の方も使いやすいです。

 

【洗顔方法】洗顔料の中にクレイが混ざっているものは、普段の洗顔と同じで、しっかりと泡立て、優しく丁寧に洗います。
ぬるま湯で20〜30回しっかりと洗い流します。
クレイ洗顔の場合、界面活性剤が含まれていないため製品よっては、あまり泡立たないものもありますが、肌を擦らず優しくなじませるように洗えばしっかりと皮脂などの汚れを落としてくれます。

 

 

スキンケアの基本の洗顔、毎日行うことなので自分の肌に合った洗顔料を選ぶことが大切です。

 

 

 

 

 

トップに戻る>>>